日本での国際結婚手続について

起業会社設立・VISA申請・遺言相続・飲食申請の方法・手続きを説明、解説

日本での国際結婚手続について

トップ > 在留資格・国際結婚・外国人雇用 > 日本での国際結婚手続

■日本での国際結婚手続


日本で外国籍のパートナーと結婚をする手続については、日本人同士の結婚とは異なる手続が必要になります。
国際結婚の手続として、 【1.外国籍パートナーが現在日本で暮らしている場合】【2.外国籍パートナーが現在外国で暮らしている場合】の2通りがあります。

外国籍パートナーが現在日本で暮らしている場合には、最初に日本の役所に婚姻届を出し、後で相手国(在日大使館・領事館)に届出します。

■手続の流れ 【1.外国籍パートナーが現在日本で暮らしている場合】


(1)役所に問い合わせて提出書類などを確認

(2)相手国の在日大使館または領事館問い合わせて、婚姻要件具備証明書(もしくはこれに代わる書面)を発行

(3)必要書類を役所へ届ける。受理された場合、「婚姻届受理証明書」を受け取る

(4)日本の役所で手続きが完了したことを相手国の大使館・領事館へ届け出る。その際、「婚姻届受理証明書」を提出。

■手続の流れ 【2.外国籍パートナーが現在外国で暮らしている場合】


(1)相手国の在日大使館・領事館に問い合わせ 外交婚の可否、手続きの流れ、必要書類など確認

(2)在日大使館・領事館で手続き 必要書類を揃えて手続き、「結婚証明書」が発行。

(3)日本の役所へ問い合わせ 必要書類を日本側の役所に確認。

(4)日本の役所で手続き 婚姻証明書(及びその日本語訳)と婚姻届を含めた必要書類を持って手続き。
※婚姻証明書の翻訳は基本的に自身で翻訳したものを提出できます。

■【必要書類】


婚姻届に必要な書類は以下の通りです。

矢印婚姻届書(配偶者となる方のサイン済み)

矢印戸籍謄本(婚姻届先が本籍地役場でない場合、日本人について必要)

矢印パスポート(配偶者となる外国籍の方が日本にいる場合) 外国人婚約者の国籍を証明

矢印婚姻要件具備証明書(配偶者となる外国籍の方について必要)
外国籍パートナーが結婚する条件である「独身である」「本国での結婚年齢到達」などを証明する文書。 日本語の訳文の提出も必須。

矢印戸籍謄本(婚姻届けの提出先が本籍地役場でない日本人に必要)
外国籍パートナーが結婚する条件である「独身である」「本国での結婚年齢到達」などを証明する文書。 日本語の訳文の提出も必須。

※場合によっては申述書・宣誓供述書・独身証明書・母国の戸籍謄本などが求められることもあります。 自治体によって手続が異なるので、前もって婚姻届の提出先の市区町村役場で必要書類の確認しておく必要があります。

なお、外国人と結婚した人が外国人配偶者と同じ姓にするときは、婚姻の日から6ヶ月以内に届け出ます。 また、先に日本で婚姻届をした場合は、外国人配偶者の母国側にも届出をします。

日本で共に生活するには、日本人の配偶者等の在留資格認定証明書を申請します。 3年以上同居された場合、日本永住権の申請も検討します。


Copyright (C)2014 起業会社設立・VISA申請・遺言相続・飲食申請の方法・手続きの説明、解説サイト
起業会社設立・VISA申請・遺言相続・飲食申請の方法・手続きの説明、解説サイト All Rights Reserved
[運営サイト]
起業・独立・開業・副業情報サイト