入国手続について

起業会社設立・VISA申請・遺言相続・飲食申請の方法・手続きを説明、解説

入国手続について

トップ > 在留資格・国際結婚・外国人雇用 > 外国人が入国・上陸するのに必要な書類

■外国人が入国・上陸するのに必要な書類


矢印【旅券(パスポート・PASSPORT)】

日本に上陸しようとする外国人は,原則として有効な旅券(パスポート)を所持しなければなりません。

矢印【査証(ビザ・VISA)】

査証とは,その外国人の所持する旅券(パスポート)が権限ある官憲によって 適法に発給された有効なものであることを在外の日本大使館または領事館(外務省管轄)が確認し、 日本への入国審査済みを証明するものです。

査証(VISA)は、日本に入国・上陸する際に必要な証書です。 在外公館にて査証(VISA)の発給を受けるといわば日本への入国が「推薦」されたことになります。 あくまで「推薦」であって、「保障(証)書」でも「許可書」でもありません。 したがって、査証を受けても、入国審査官によって、上陸が不許可になる可能性はあります。

この証書である上記の査証(ビザ)は、パスポートに貼付され、入国審査を受ければその役割を終えます。 査証(ビザ)には、以下のようないくつか種類があります。

「短期滞在査証」
査証相互免除措置実施国以外の外国人の方が商用や観光で短期来日の際に取得します。 日本での身元保証人や具体的な滞在予定を証明する書類の提出が必要になります。
※「在留資格認定証明書」を利用できないため、他の査証に比べ上陸を拒否されるケースが多い。

「就業査証」
日本で働くことを目的に来日する外国人の方は取得します。 入国管理局で交付された「在留資格認定証明書」その他書類を提出をします。

「一般査証」
留学、研修、家族滞在の在留資格で日本に在留する目的をもって来日する際に取得します。 入国管理局で交付された「在留資格認定証明書」その他の書類を提出します。

矢印【在留資格認定証明書】

査証(VISA)が日本入国(審査)時に必要になるものであるの対して、【在留資格】は出入国港において上陸許可を受けて日本に入国した後に、 日本に滞在して活動できる根拠となる資格です。 外国人が「短期滞在」以外で日本に上陸しようとする場合に必要になります。 申請に基づき法務大臣があらかじめ在留資格に関する上陸条件の適合性を審査して【在留資格認定証明書】が交付されます。 この【在留資格認定証明書制度】は,入国審査手続の簡易・迅速化と効率化を図ることを目的としており、【在留資格】を迅速に取得することができます。(法務省管轄)。

以下のような手続が迅速になるというメリットがあります。
・査証の申請の際に在留資格の上陸条件が法務大臣の事前審査を終えているとして扱われ,在外公館(日本大使館など)の査証発給の審査は迅速に行われる。
・入国審査官から在留資格の上陸条件に適合する者として取り扱われるので,上陸審査が簡易で迅速に行われる。

■「査証(VISA)」と「在留資格」の違い


査証(VISA)が日本入国(審査)時に必要になるものであるの対して、 在留資格は日本に入国した後に日本に滞在して活動できる根拠となる資格です。

「査証(VISA)」と「在留資格」の守備範囲は、大まかには下記のとおりに分かれます。
【1-3:「査証(VISA)」】  【4以降:「在留資格」】

矢印 1.在外日本大使館・領事館でVISAの発給申請・取得

矢印 2.海外からの来日

矢印 3.入国審査・在留資格(カード)取得 ※3の段階で「査証(VISA)」の役割は終了します

矢印 4.在留資格の更新・変更
※ 在留期間を超えて日本に滞在する場合、または、日本での活動内容を変更する場合には、 入国管理局において「査証(VISA)」ではなく「在留資格」の更新・変更が必要になります。


Copyright (C)2014 起業会社設立・VISA申請・遺言相続・飲食申請の方法・手続きの説明、解説サイト
起業会社設立・VISA申請・遺言相続・飲食申請の方法・手続きの説明、解説サイト All Rights Reserved
[運営サイト]
起業・独立・開業・副業情報サイト