法定後見制度(成年後見人・保佐人・補助人)の利用方法・手続き

起業会社設立・VISA申請・遺言相続・著作権・法定成年後見の方法・手続きを説明、解説

後見制度(成年後見・保佐人・補助人)の利用方法・手続き

■後見人への報酬

実務上は1月当たり2ー3万円が平均のようです。 子供や兄弟姉妹が後見人になった場合、報酬を請求しない場合もあります。


【任意後見制度】

任意後見人の報酬は、契約で定めた金額になります。

任意後見監督人の報酬は、家庭裁判所が決めた額になります。

【法定後見制度】

法定後見人等の報酬は、家庭裁判所が決めた額となり、本人の財産から支払われます(861条2項、862条)。
法定後見人の場合、家庭裁判所に対し報酬付与の申立をする必要があります。

法定後見監督人の報酬は、後見人の費用、報酬の規定が準用されます。


Copyright (C)2014 起業会社設立・VISA申請・遺言相続・飲食申請の方法・手続きの説明、解説サイト
起業会社設立・VISA申請・遺言相続・飲食申請の方法・手続きの説明、解説サイト All Rights Reserved
[運営サイト]
起業・独立・開業・副業情報サイト