法定後見制度(成年後見人・保佐人・補助人)の利用方法・手続き

起業会社設立・VISA申請・遺言相続・著作権・法定成年後見の方法・手続きを説明、解説

後見制度(成年後見・保佐人・補助人)の利用方法・手続き

■後見人の仕事

成年後見人の仕事は、大きく分けて【財産管理】【身上監護】の2つがあります。
また、食料品や衣料品等を購入するような日常生活に関する行為については、本人が自由におこなうことができます。
なお、本人の居住用不動産を処分するには後見人といえども、家庭裁判所の許可が必要となります。
ここでいう「処分」とは売買だけではなく、賃貸や抵当権の設定等も含まれます。


【財産管理】

被後見人に代わって財産の管理を行います。 財産を維持することだけでなく処分することも可能です。 日常生活の金銭管理から重要財産の処分まで多岐にわたります。
・印鑑、預貯金通帳の管理
・収支の管理(預貯金の管理、年金・給料の受取、公共料金・税金の支払いなど)
・不動産・貸地・貸家の管理・処分
・遺産相続の手続き
・・・・・・・etc

【身上監護】

被後見人の生活や健康を配慮して、安心した生活がおくれるように契約などを行います。 被後見人に対し後見人が直接介護や看護などをすることは含まれません。
・家賃の支払い、契約の更新など
・老人ホーム・介護施設の各種手続きや費用の支払い
・医療機関・障害福祉などの各種手続き
・本人の状況を定期的に訪問し生活状況を確認
・・・・・・・etc


<<就任直後に行う業務>>

・後見人の資格を証明する「登記事項証明書」を取得。
・資産状況の調査し、中長期的な生活プランを検討。
・銀行や役所などの関係機関に後見人が就任した旨の届出。
・就任後1ヶ月以内に、財産目録・年間収支を家庭裁判所に提出
・・・・・・・etc

<<日常に行う業務>>

・預貯金や現金・車や家など本人の資産・財産の管理。
・被後見人の生活環境の整備や施設費・入院費・税金などの支払い、年金の受取。
・本人の生活状況の確認、必要な対処。
・家庭裁判所へ定期的に被後見人の財産や生活状況などを報告。
・・・・・・・etc

<<特別な事情により行う業務>>

・被後見人等のために必要があれば、不動産の売却。(居住用の不動産であれば、裁判所に処分許可申立。)
・家の修繕などが必要な場合は施工業者などを手配。
・遺産分割協議をおこなったり、施設への入所契約、病院への入院契約。
・本人に代わって税務申告・訴訟等。
・・・・・・・etc

<<本人が亡くなったあとに行う業務>>

・本人が死亡したら、2ヶ月以内に遺産を確定し、相続人に報告し、同時に家庭裁判所へ報告。
・相続人に対し、財産の引渡。
・成年後見等終了の登記。
・・・・・・・etc


Copyright (C)2014 起業会社設立・VISA申請・遺言相続・飲食申請の方法・手続きの説明、解説サイト
起業会社設立・VISA申請・遺言相続・飲食申請の方法・手続きの説明、解説サイト All Rights Reserved
[運営サイト]
起業・独立・開業・副業情報サイト